PHILOSOPHY

東京 代官山に「エッジの効いたシャンパンバー」として、オープンして2年。

 

本店は、白金高輪のフレンチレストラン「オレキス」です。

アフロスのシャンパーニュは、オレキスのオーナーソムリエ 春藤祐志が、

今、話題のRM(小規模自家生産者)のなかでも、特に勢いのある第2、第3世代

(中堅から若手の世代)にスポットをあて、セレクトしています。

 

 

グラスシャンパーニュは、常時5~6種類、ボトルは280種類程度、ご用意しております。

そのシャンパーニュを、より美味しく飲んでいただくため、適切なグラス選び

細かな温度管理をソムリエが行い、ご提供します。

また、選ぶのを迷われたときは、ぜひソムリエにご相談ください。 

 

 

体質、その日の体調により、アルコールが飲めなくても、空間を楽しんで

いただきたいという思いから、こだわりのソフトドリンクも、ご用意しております。

 

 

営業時間も、平日は夕方17時

土日祝日は、昼の15時からのオープンと、早い時間から、シャンパーニュを

楽しんでいただけます。

 

 

アフロスには、何もありません。

あるのは、妥協することなく選び抜いた飲み物と、それを楽しむ空間だけ。

システムからも、余分なものを一切省きました。

 

 

AFLOS(アフロス)とは、ギリシャ語で「泡」の意味。

シンプルななかで、本物の「泡」をお気軽にお楽しみください。

 

GREETINGS FROM THE PRESIDENT

代表の春藤より皆様へご挨拶 ~2周年を迎えて~

 

 

 「自分が、行きたくなる店を作ろう」

 

そう考えて代官山に出店し、2年が経ちました。

 

代官山という土地の個性にあわせ、試行錯誤を繰り返し

従来のシャンパンバーからは、相当な規格外となりましたが

結果的に「理想の店」が出来上がりました。

こうして、無事、2周年を迎えることができましたのも

皆様のおかげと、深く感謝しております。

 

女性が、お一人でも、安心してくつろげる、健康的で明るい

シャンパンバーを念頭に置いていましたが、それだけではなく

最新のシャンパンを、気負わず1杯から楽しめる場

国内外から、認知していただけるようになったのは

嬉しい誤算でした。

 

また、遊びにきてくれた、シャンパーニュの生産者たちが、

興味深くリストを見て、すべて写真に撮って帰ったと

ソムリエから聞き、喜びに堪えません。

 

これからも、エッジの効いた品揃え、おだやかな空間、サービスを

ご提供出来るよう、ソムリエ共々精進して参りますので、変わらぬ

ご愛顧を賜りますよう、よろしくお願い申し上げます。

 

  

春藤 祐志

 

 

 

PRESIDENT PROFILE

春藤 祐志 (シュンドウ ユウジ)

Yuji    SHUNDO

 

1970年

大阪府生まれ

 

1989年

大阪全日空ホテル入社

フレンチレストラン「ローズルーム」配属

 

1995年

東京 西麻布「ザ・ジョージアンクラブ」入店

支配人兼ソムリエとして12年間勤務

 

2007年

東京 白金

フレンチレストラン「OREXIS(オレキス)」開店

 

2011年

東京 広尾

シャンパンバー「ALETHEIA(アレシア)」開店

 

2014年

東京 白金台

ワインバー「CANON(カノン)」開店

 

2016年 3月

東京 代官山

シャンパーニュバー「AFLOS(アフロス)」開店

 

2016年 10月

東京 白金台

ノルディック・ジャパニーズ キュージーヌレストラン

「AEG(エッグ)」開店